QUOD ERAT FACIENDUM

中学生〜社会人まで。なんの変哲もない凡オタクの雑記

「出来ないことをしようとするから疲れる。」
じゃあやらなきゃいい。
「出来なくても諦めきれないんだよその人は。」
だったら努力すればいい。
答えなんて常に簡単なもの。
若いうちは理不尽なことなんてそんなにないから自分の力だけで何とかやっていける。
理不尽に打ち勝つ力も(理不尽そのものが大したことではないため)ある。
なのに駄々をこねるのは本当に子供。現実を見ないといけない。
そんなときから諦めるくせを付けてたら大人になっても弱いまま、子供のままだ。
精神が成長するということはそういったことからなんじゃないかなぁ。
世の中を出来る出来ないで決め付けたらこうなる。
どうしても覆すことも出来なくて諦めるしかないなんて状況は社会の作り出したものだろう。だから、俺みたいな世界水準でいえばかなり幸せな状況に生まれてる奴は世界に絶望したりするなんて死んでもやったらいけないことのはず。
ここで、ある一つの馬鹿らしくて子供らしい仮定を思いついた。

これは、死んだ後の世界があれば、ということが大前提の話。

あの世があるとしよう。
そこではあらゆる行いを積み重ねてその働き次第では生まれ変わることが出来るとしよう。
要するに、経験値を積んでいけば生まれ変われるってこと。
ここで、対して経験値を積まないまま生まれ変わると不幸な状況の中で生まれてくる。
経験値を積めば積むほど生まれ変わったときの状況がよいものになる。
だから、沢山あの世で経験値を積んだ奴は人から羨望の目で見られるような存在になる。
じゃあなんで不幸な状況で生まれ変わることを望んだ奴がいるのか。
そいつはこう考えた。
「生まれ変わったらなんとかなるだろ」
あの世で善行を行うというのは大変なことである。なので、面倒になる奴も出てくる。
DQMの配合のとき親になるモンスターのレベル上げを怠るのと同じである。
すると、この世の中から不公平という言葉はなくなる。
非常に子供っぽくて馬鹿らしい話ではある。
現在の自分の立場に後ろめたさを感じさせないようにするための保身的な考えでもある。
でも、俺はこれで納得できてしまう。
理不尽と不公平を一発で片付ける馬鹿馬鹿しい考え方。

さて、書きたいことも書いたし動画紹介で今日の更新終わりっ。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naui7654.blog77.fc2.com/tb.php/486-92ff8cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログから検索 ドラゴンクエストモンスターズジョーカーについてのYahoo!知恵袋での質問ドラゴンクエストモンスターズジョーカー、グラブゾンの配合についてドラゴンクエストモンスターズジョーカーを始めたばかりなのですが、グラブゾンを他のモンスターと配合しても...
2008/07/08(火) 11:47:34 | WEBの情報缶!