QUOD ERAT FACIENDUM

中学生〜社会人まで。なんの変哲もない凡オタクの雑記

急にアニメミルキィへの総評を改めての印象という内容でつらつらと振り返りたくなったので書きます。
全8回(予定)で更新しようと思います。
多忙(社蓄モード)のため更新は不定期になりそうです。





☆寸評

   話の面白さ…☆☆☆☆☆
   可愛らしさ…☆☆☆☆☆
   話のバランス…☆☆☆

探偵オペラミルキィホームズ1期。
原点にして頂点に挙げるファンの方も多いかもしれません。
おバカさ明るさ前向きさひた向きさでとにかく突き進むストーリー。
ギャグからバトルまでのあらゆるシーンに躍動感お遊び要素可愛さをふんだんに盛り込んだ魅力あるアニメーション。
探偵、警察、怪盗3組による実にバランスのとれた登場人物たち。
新人の脇を中堅、実力、人気ある声優たちで固める堅実さ。
毎話どんな展開結末を迎えるか全く予想できない内容。
まだペドすぎるほどには幼女化していない整ったかわいらしさ。
小気味良いテンポで進むキャラ同士の掛け合い。
ストーリーを壊さない程度に散りばめられたパロディや小ネタの程よい深さやバランスの良さ。
唯一そのバランスを度外視したパロディの山で話題をかっさらった4話。
シリアスさを含みながらも明るく進むクライマックス。

あげ始めたらキリがありませんが、とにかくあらゆる点がその後の作品とは群を抜いて高い水準で纏まっていた印象があります。
純粋なアニメの評価としてはまた違いますが、発足したばかりで今後の躍進が楽しみな新人声優ユニット、まるで違う話に仕上がっていたゲームとのメディアミックスが相乗効果を生み出して更に作品としての深さを生み出していました。

自分が初めてこのアニメに出会ったときは、
初見は友人と一緒にとにかく笑い驚きながら
2週目はパロディや小ネタ、元ネタの再確認
3週目は伏線や台詞の意味を再確認
4週目以降はすでにユニットやゲームにも手を出してしまっておりすっかり作品の虜になってしまっていました。

残念な点
あらゆるバランスが取れていた、或いは完成されていたため、それ以降の作品に何かしらの物足りなさや内容のくどさを感じるようになってしまった罪深い作品でもあります。
またギャグアニメの宿命なのか、ストーリーの続きが気にならないという欠点もあり第一作のみで完全に飽きてしまった視聴者も大勢いたようで、その傾向は次作でもあるSSの売り上げにも少しずつですが確実に出始めていました・・・。
最終回にインフレが起こったことや、物語の締めで振り出しに戻った展開についても2幕を考えると評価が難しいところがあると言わざるを得ません。


ともあれ、今でも改めて観返すたびに面白く感じる所以を嚙みしめるように再確認ながら視聴してしまいます。
昔好きだったけど飽きてしまってもう長い間見ていないという方も改めて観たらきっと楽しめると思いますし、まだ見たことないという方も新鮮な面白さを感じられると思います。
とにかく中毒性が高いわりに毒は少ない危険なアニメです。まだの人は是非ともお試しあれ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naui7654.blog77.fc2.com/tb.php/1522-0505aeda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック