QUOD ERAT FACIENDUM

中学生〜社会人まで。なんの変哲もない凡オタクの雑記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DEATH NOTEのアニメがそろそろ10年前ということもあり、自分も深夜アニメ観るようになってはや10年も経ってしまったことを痛切に思い知らされてます。

10年前といえば自分もまだ中学2年生で、遊びに恋に勉強に部活にてんやわんやしてました。
丁度これくらいのタイミングで友人たちがホームページやブログを始めて、レンタル掲示板やチャットルームなんかで家に帰ってからもネットを繋げて友人たちと交流するようになったのをよく憶えています。
あの当時はそれが凄く革新的なことのように感じられて、楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。
インターネットで(違法ですけど)アニメなんかの長編動画を観るなんてことが出来るようになってたことも凄く衝撃を受けた記憶があります。
それまではFLASH動画を観て、ゲームの攻略サイトを確認するくらいにしかインターネットを使ってなかったのもあって、凄く世界が広く便利になったように感じたんですね。

初めてのハンネは尾々井でした。
ヨツバの会議に参加してるハゲのグラサンです。
友人たち皆で示し合わせてチャットルームに入るときにそれぞれ名乗ったんですがこれがなかなか楽しかった。良い思い出だと思います。

もう友人たちみんなそれぞれの当時のデータなんてのは電子の海に葬られて久しいのを思うと、1番しょーもなく面白くない事しか書いてなかったこのブログだけが当時の残滓と大量の黒歴史を残して未だにこうやって置いてあることにちょっとした貴重さを我ながら少し感じてしまう次第です。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。