QUOD ERAT FACIENDUM

中学生〜社会人まで。なんの変哲もない凡オタクの雑記

本日をもちまして、ミルキィホームズという作品を知ってから丸3年が経ちました。
試験期間の気晴らしで気まぐれに観た作品にここまで熱中してどっぷり浸かることになるなんて、3年前の自分に話しても信じてもらえないだろうなと思います。

ド田舎の極めて閉塞的な環境にいた自分がミルキィを知ってその虜になり、充電期間を経て、行動もするようになってしばらくが経ちました。
色んなことがあった過程のなかで、色んな景色を見て感じることができました。色んな人と知り合い、刺激を受けることができました。
知らぬ間に周りの方々に迷惑や不快な思いをさせてしまっている場合は申し訳ないですが、少なくとも自分はこれまでのつながりや出来事の中で喜怒哀楽の喜と楽しか感じていません。本当にありがたく思います。

くさいことを書くようですが、これまでの出来事、自分と関わってくれた皆さん、そしてそれら全てのきっかけをくれたミルキィホームズには心から感謝、感謝しかありません。
今あるこの環境は細く薄い繋がりの中で形成されているものでしかないかもしれませんが、これからも大切にしていきたいと思わずにはいられないほど、かけがえのないものだと感じています。
関連記事