QUOD ERAT FACIENDUM

中学生〜社会人まで。なんの変哲もない凡オタクの雑記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年前は成人式でした。あれから1年で本当に色んな事がありましたが日常は相変わらずドブの中を泳いでるかのごとく。
改革の年にしたいです。いや、しないといけないですね。適度な緊張感を忘れず、行動に移していければと思います。
割り切らなければいけない話でとても悲しく寂しくはありますが、これからしばらくは遠征ともご無沙汰になりそうですし、ひとつの区切りということで去年からの遠征の総括でもしたいと思います。記事の後半へいくにつれて内容が薄くなっているのは気のせいです。疲れて手抜きになってる訳ではないです。あと、フォロワーさんの名前はなるべく伏せさせて頂きました。特定の方を挙げるのは容易なんですが、絡みのあった方全てを網羅しきる自信が無いからです。不徳の致す限りで、仲良くして頂いた方々には申し訳なく思います。


4月:大ヴァンガ祭&カラ鉄ミルキィコラボ

社会人となって以来初めてかつ就活以来約半年ぶりの東京でした。この頃はtwitterもそれほど盛んに活用していなかったのでフォロワーさん云々という事も特になく、東京の方に進学した友人たちと交遊を暖めるのがメインの遠征になりました。
1日目は(これ以降東京遠征のたびに毎回お世話になる)友人宅に到着後、ミルキィオーディションをネット配信で眺めつつ(会場で立ち見出来るとは知らなかった)それが完了してから秋葉の方へ行って買い物物色をしながら晩飯に数人で集まって飲んで食べて、そのあとカラ鉄に向かい夜通しコラボルームに籠ってました。ミルキィ関連の歌は全て歌えたことと幸運も重なり、サイン入りのコースターも貰えるという僥倖に恵まれました。カラ鉄さんには足向けて眠れなくなりましたね。
2日目は眠い目をこすりながら人生初のビッグサイト。ステージ眺めたり、もりしーと握手出来たり、会場をうろつく社長を眺めたりして時間を使ってその後秋葉原中野に行って買い物をしてそのまま帰宅となりました。
今でも慣れませんが、この最初の遠征の時はあんまりにも帰った後辛くてしばらく無気力な状態が続いていました。


6月:おいスペツアー刈谷&東京

人生初のライブとなった刈谷公演。一人で運転しての長距離遠征は寂しかったので友人を引き連れて刈谷に乗り込みました。事前にオフ会に参加する予定は立っていましたが物販と重なっていたのもありどうやって動けばいいのか戸惑いつつも流れに身をまかせて行動していました。オフ会なんて当然人生初めてでしたのでめちゃくちゃ緊張していたのをよく憶えています。よく絡ませてもらっているフォロワーさん方とは大方このタイミングで会っている(会っただけ)ような気がしなくも無いです。
長距離運転に全く慣れていなかったという事もあり刈谷到着時点ですでに疲労困憊になりつつ、「うわぁお皆して名刺持ってる、これがオフ会か…」みたいな感想を抱きつつ、ライブ開始前にめちゃくちゃ高まりつつ、「マジかよ男なのにミルキィの格好してる人いっぱい居るぞ!?」と驚愕しつつ、ライブ本番でもめちゃくちゃ興奮しつつ、ですが打ち上げとかそういう類いのものには全く参加する事なくライブ終了後はさっさと帰ってしまいました。やはり疲労がすでに限界近かったのが大きな要因だったと思います。ライブのセトリを全く思い出せなかったのですが、それだけライブというものに興奮熱中していた事の裏返しだったのだろうと思います。

数週間明けての東京公演。友人は物販順351を引き当てる運を発揮した結果、新日コラボのリストバンドを購入出来なくなるという事態に陥っていて不憫に感じていました。そして自分は自分で購入した新日コラボのタオルを落としてしまうというバッドラックに遭いました。ライブ前のカードオフでは終止笑っていた記憶しかありません。ライブ本番は前回と同じく1階最後列という悪運に引き続き遭いつつも、やはり興奮熱中していました。その後急いでバスに向かわなければいけなかったため余韻もクソも無い感じでそのまま帰宅となってしまい、とても寂しい思いをしました。帰りの最中に携帯の電池が無くなったのも大きな要因だったかと思います。なお、ミルキィロールは電池切れする直前に予約完了させた模様。


7月:ミルキィ甲子園 コスサミ

改めて思い直すと甲子園での関西遠征が本格的にフォロワーさんと交流する機会となった大きなイベントだったと思います。
京都の方なら駐車場も余裕だろとか思いましたが別にそんな事は無かった。1日目は友人宅に到着後しばらく休憩してから、丁度祇園祭の時期だったのかな?な河原町に乗り出して色々物色していました。ぶっちゃけ河原町と大阪の日本橋は似てると思います。その日はそれだけでとてもくたくたになったのでほでほどで引き上げて次の日の甲子園に備えて就寝しました。2日目にメインイベントとなる甲子園。初対面の人達を乗せて甲子園。友人と会話もするのでナチュラルに本名を呼ばれてる事に暫くのあいだ全く気がつかず。甲子園到着後はダイエーで飯食べてから色んな人達と交流しつつ、ブシロ広報にフリー素材にされつつ、ここでもうろついてた社長をこっそり写真に納めつつ、雨降りな不安定な天候に不安を憶えつつ…球場入りしました。試合中止すらささやかれる状態からの試合開始には興奮したのですが、何故か始球式は開始されず。何のアナウンスもなく藤浪が投げ始めてるのを観て「こいつはおかしい何事だ?」となってtwitterを眺めてみるとまさかの始球式中止。自分は試合にも関心があったので残念くらいの気持ちでしたが憤慨したミルキアンも多かったと聞いています。
改めて野球に関心を持つようになって初めてのプロ野球観戦でめちゃくちゃ興奮して実況していたら初めてtwitter規制をくらいました。ついでに電池も使いまくった結果、7回の攻守交代時に出てきたミルキィちゃんたちに向かって全力ダッシュしていた最中に携帯の電池が切れ、悲しみの写真だけが残る結果となりました。試合も三浦に負けがついちゃう悲しい事になり、終了後の混雑を避けるため試合終了前に甲子園から離れ、かなりの大人数を乗せて梅田の方まで。このときにちょっとしたアクシデントに見舞われたため全力でブチギレて友人になだめてもらうなんてことになりました。初対面の人達ばかりの人達が居る状況であれをやらかしたのは今でも反省してます。でもあれは相手側が100%悪い。
帰宅したのが2時過ぎ、寝たのが3時前くらいということも影響して次の日の野球オフはバッチリ遅刻しました。反省ですね…。雨振る中ですが沢山の人達と一緒に野球をしました。久しぶりにやる野球はとても楽しかったです。このタイミングで関西の畜生勢の方々と初めてお会いしてるのかな。このときは野球をやるにはやりましたがまだ少し緊張気味でした。その後大阪王将で飯を食べ、京都に戻り、友人宅で休憩を挟んでから晩に京都を出て帰宅となりました。みもりんの2ndシングルを聴くたびにこの遠征を思い出します。

コスサミイベは日曜日開催という事もあり特急に乗って名古屋まで。愛知勢、黄緑勢な方々が集まってたのかな?初めて間近に歌って踊っているそらまるみころん、あと彩沙ちゃんを観てめちゃくちゃ興奮してまともに話せなくなったのを憶えています。あれはヤバかった。ちょっとそらまる可愛過ぎましたね。いや本当。コスプレ姿も拝めましたし、思い切って来てみて良かったと感動しつつ、しかし地元の終電がクッソ早いという不具合もあったのでイベ終了後急いでとんぼ返りという感じで帰宅しました。セントレアから名古屋へ帰りの電車の同じ車両に愛知勢の人達居たけどビビって声かけられませんでした。


8月:関西やきうオフ

それから1週間後の8月頭に大阪まで草野球しにいきました。モンスターエナジーを複数本飲んでドーピングに努めたんですが試合ではエラーしまくり打率0割と散々でしたが試合は充分楽しめたので大満足でした。また、前回の野球オフに引き続き関西方面の人達と交流を深められたのはとても良かったです。おかげさまでこの頃からようやく緊張感の抜けた状態で交流が出来るようになっていったような気がします。甲子園の時の写真を頂いたり、ターボのイラストを交換したり、カラオケ行ったりと野球オフの後も色々楽しんで、その日の晩に出立。次の日は一日中寝てました。

しろくろフェスは断念しています。行かなかった事は後悔してますがこれ行ってたら青空ナイト参加出来てたか怪しいです。

9月:ひらパーオフ TCGおこし(新潟)

まさかのひらかたパークでオフ会をやるという企画に参加。これで3ヶ月連続で関西に乗り込むことになりました。
友人を引き連れ梅田で降ろしてそのままひらパーへ。参加者は社会人が大半を占めるという謎の構成でしたがかなり楽しかったです。童心に帰りまくりでした。メテオは二度と乗りたくないですね。そういえば沢山写真撮ったけどそういえば誰にも見せてないなあ。あのなんちゃらっていうオムライス屋のオムライス、めっちゃおいしかったです。

2週ほど明けて今度は新潟の方へ。みころんを拝みにほぼ京都に行くのと変わらない距離を走りました。
会場に思ったほど人が居なかったので「これ対戦するチャンスあるで!」と意気込んでいたもののかすりもせず。
大会の方はよく憶えていませんが1回勝ってそれだけだったかな?とにかくみころん拝むのに夢中でした。なおみころんの対戦中は地元の人達がそこに囲いを作ってて近づく事すら出来ませんでした。大会終了後はめっちゃ頑張ってなんとか次の日の午前2時から放送していたふたミルの視聴に間に合うように帰宅しました。刈谷おいスペ公演とこの遠征はイベ会場居た時間より運転してる時間の方が長かったです。あと、親不知は運転するのめっちゃ怖かったです。


10月:青空ナイト 金沢
青空ナイトには既に以前触れているので割愛させていただきます。とにかく最高でした。
なお、落選していたら大阪のリリイベに参加していた模様。

金沢で二日間にわたりカードイベが開催されるというハプニング。あいみんと橘田さんとついでに社長が金沢に。
基本的に2日間ともステージ前でイベントを眺める感じで過ごしていました。WSはフリーでちょこちょこ対戦してもらいました。華麗に全敗でしたね。ガンスリイベは残念ながらかすりもしませんでした。VGのルールはほとんど忘れていたので当たっていたらやばかったですが。初めて間近で見た橘田さんはとても綺麗な方で、ずっと見蕩れていました。ファンサービスもとても沢山やってくれて、終止感動しっぱなしでした。


11月:関西やきうオフ  横浜ファンフェス&ミルキィFC祭

滋賀県まで野球しに行ってきました。友人を引き連れて。かなり早朝に着いちゃって暇だったので友人が行きたいと行っていた伏見稲荷大社まで。3合くらいまで進んだときに携帯の電池が切れちゃったので1度駐車場まで引き返して再度登山をするという思わぬハードスケジュールをこなすはめに。ですが、延々と鳥居の中を歩き続けるというのはなかなか厳かな気分になりました。景色もとても良かったのでまた機会があったら行ってみたいですね。もちろんですが、山頂まで登るのはクッソ疲れました。その後滋賀まで戻り、駐車場で少し睡眠を取ってから合流していって少しずつ慣らしながら試合に。
試合では5割以上の打率、守備のやらかしで戦犯になりかけていたところを汚名返上のタイムリー3ベースと、伏見稲荷を参拝したご利益をバッチリ受けての試合となりました。ナイターという事もあって外野の方はすごく難しくなっていたと思います。試合終了後とんぼ帰りで家に。まさか10時前に出て2時頃に金沢まで戻ってこられるとは思っても見ませんでした。

1日目に横浜スタジアムとかいうガチ聖地に。初めて入るスタジアム、崎陽軒のクッソ美味いシウマイ、生で見る横浜の選手、解放されて中に入る事が出来たグラウンド。興奮しっぱなしでした。生でハマの大魔神まで見られるとは思わなかったです。ただ、席から眺めてるよりは廊下でモニター眺めてる方がやってることは分かりやすかったですね。お遊び紅白戦もめちゃくちゃ楽しかったです。その後横浜を離脱して渋谷のまんだらけで何故か生き残っていたミルキィくじを引き、ネロのブランケットを引き当てる強運を発動。そのあとめっちゃ美味しい鶏肉をほおばり友人宅で1晩過ごしました。
2日目は朝から物販に並ぶためにサイエンスホールに。フォロワーさんと偶然同じタイミングで並び、その後行動を共にして秋葉原まで行き、物色を済ませ、再度サイエンスホールへ。このときは連れ回しちゃって申し訳なさありました。FC祭開始までのしばらくの間そこそこに色んな人達と交流し、FC祭は後ろの方の席でしたが十二分に楽しみあした。みころんのプラチナとかいうガチ福音を聴けたのは本当に僥倖でした。感動しました。高まっておかしくなりそうでした。そらまるの歌ったやつは知らなかったのでちょい辛かったです。祭終了後はそそくさと秋葉原に向かいました。関東勢の方々に緊張しちゃったせいですが、このときの判断は今でも割と後悔してます。秋葉原では大量に買い込み、戦利品に満足して帰路につきました。


12月:大阪カードイベ
再度みころんを拝みに行く&ミルキィ展を眺めにいくという目的のもと、遠征納めに大阪まで。
人がたくさんであたふたしていましたがイベ開始早々フォロワーさん方と合流したあとはみころんを間近で拝んでいました。ポニテ生みころんぐうかわでした。対戦中にうんうんうなってるのもぐうかわでした。ステージイベでは大逆転勝利をおさめていました。変なベルト装備してたけどやっぱりかわいかったです。ステージイベ眺めてたら結構希少なカード貰えてすげえってなってました。
閉会式は観賞することなく、ステージイベ終了後そのまま日本橋まで。駅から出た風景があまりにも河原町を彷彿とさせたのでかなり驚かされましたね。んで、目的地のミルキィ展へ。おいスペの映像がそのまま流れてる横には4人の旧探偵服(何故か帽子だけはキラキラver.)が飾ってありました。あの空間の魔力は凄かったです。その場からかなり長い時間離れられませんでした。映像で高まる横に衣装とかサインが飾ってあるとかズル過ぎましたね。なんとかそこから離脱して、箔入りカードで散在して、その後閉会式観賞組と合流して、またミルキィ展に行ってしばらく足止めをくらい、お好み焼きを食べて解散となりました。お好み焼き(というか豚キムチ)がクッソおいしかったのが印象的でしたね。箔入りカードとミルキィ1のサントラという戦利品を引っさげて帰路につきました。なお、最後の最後でやらかして闇を抱えた模様。猛省。


NYライブ関連は次の記事に改めてまとめます。
簡単にざっくりといった感じですがまとめてみました。回数が多いのか少ないのかは微妙ですが、どのイベントも濃かったです。フォロワーさん方と仲良く話せた時の方が満足度は遥かに高かったので、そういう交流って大切だなとも思わされました。関西の人たちとは大分打ち解けたかなと思ったりですが、関東の人たちにはまだまだ緊張しちゃいます。積極的に交流していけたらなと思います。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。