QUOD ERAT FACIENDUM

中学生〜社会人まで。なんの変哲もない凡オタクの雑記

一寸の虫にも五分の魂とは昔からよく言われます。
私はそんな事お構いなしに雑食です。ゴキブリ蝿なんかは躊躇なく殺します。
良心の呵責を感じることは基本的にありません。
先日のブログ記事でグロッキーになったんですが、それはあくまで対象が人間だったからです。
ですから、どれだけ猟奇的に虫を殺しても私の精神はなんら痛みを感じません。
しかし、蜘蛛とかゲジなんかにはむしろ親しみや敬愛をもって接しています。
この精神の在り方に自分自身疑問を感じています。
どうして慈愛の精神が生まれないんだという気持ちが、良心の呵責としてではなく疑問として浮かびます。
生きたままシュレッダーにかけられる牛なんかにも特に何も感じません。
これが人間になるだけでおえってなる自信があります。

いや、まあだからどうしたっていうんだけど。


最近はミルキィホームズに関する何かってだけで精神に安らぎを感じます。
しかも冗談でもネタでもなく、極めて真面目かつ真摯に、です。
例えばプライズのクッションですが、寝る時の必需品になりましたし、WSをやっていてもテンションは常に高いです。BDを観直す時間はどうしても終始にやけています。
そしていつも思うんです。

幸せだ、私は幸せだ!

と。

私の中でこれさえあれば世は事もなしという存在になりつつあります。
そしていつも思うのです。ミルキィが無くなったらどうなるんだろうと。
世の中に恒常という存在はありえません。いつかは終わりがきます。
そのときがくる事を考えるだけで寂しさと悲しさが込み上げてくるのです。
それまでに飽きてしまうのか。いやいやそれは嫌だ。終わりまで付き合いたい。
ああ、そうか。今度は4人の活躍を応援し続けるのか。
今でもそうですし。俺は豚道を驀進中です。死ぬまでそう在れれば幸せですね。
関連記事
テーブルは4でした。
底力5s3があるのですが攻撃UP、回避距離系にめぼしい物が無く苦しい環境。
まあぼちぼちやっていきましょう。

そろそろ下位から卒業したいです。休みの内に上位まで狙っていきましょう。
集会場緊急が何だったのか思い出せませんが(^ ^;)
別に行こうと思えば上位もすぐなんですが、下位の装備を楽しみたい気持ちもあるんです。
でも武器の強化したいからやっぱり上位目指して…って、はあ。
関連記事
この記事は、前半と後半で書いてるタイミングが違います。


小さかった頃、よく遊んでいた従兄弟はよく「◯◯のせいだ!」と、怒った。
俺はそれを笑いながら「冗談言うなよ、何でも人のせいにするな」と返していた。

そして今、状況は違うといえ俺は図らずしも親と全く同じ叱り文句を担任から貰った。
「何で(上手くいかなかった原因を)他人とか状況に押し付けてるの?」と。
衝撃を受けた。そして自分が他人から見ていてどれだけ不愉快になる稚拙な言動をしたのかと考えると凹んだ。

他人から言われた特徴は真理だろう。
俺がいつでも責任逃れしかしようとしない最低のクズ野郎なのは誰の目から見ても明らかなのだ。
そう考えると自分に対して嫌な気持ちを抑えられなくなった。
そして痛感した。普段からどれだけストレスを感じずに生活出来ていたのかを。

先生に叱られるなんてほんの瑣末な出来事である。
にも関わらず俺はこうして凹んだり、苛立ったり、迷ったりしている。
こんな事でこれからの人生、俺はこんな甘い自分をどうしていくのだろう。
とてもまともな生活なんて送れない気がしてまた凹んだ。
そして、とてもではないがこんな自分を受け入れる会社なんて無いんじゃないかと思うと更に凹んだ。

~~~~~~~帰宅後~~~~~~~~

今更だが俺にはありとあらゆる点で褒められる所なんて何も無い。
知ったのは結構前だが、理解し、受け入れるのにはそれなりに時間が掛かった。
立証なんてするまでも無いのだが、生まれてこの方「お前って◯◯だな」と、良い評価をされたことがないのである。
誰かに良いと評価されたいと密かに思いながら常日頃生活していた俺はこの事実に愕然とした。
全く持って恥知らず且つ間抜け且つ笑えるを通り越して引く話である。
果たしてそう思われたいと思っていた自分は一体他人様に何をしてきた?
なにひとつしていない。本当になにもしていない。だから笑えるし恥知そらずなのである。
気持ちだけは一丁前でいさどくて、プライドだけは無駄に高い。
勿論、端から見ている他人様の気持ちが良いはずがない。こんなの不愉快さの塊だろう。
親が切れたのも頷けてしまう。情けない。

しかも、こんな自分は嫌いだと口では言いつつも本心では自分が大好きで自分の事しか考えてない。
だから平気で周りのせいにするし、自己犠牲の精神なんて欠片も持ち合わせていない。
説教されても反省せず、なにかとすぐに理由と言う名の言い訳で逃げようとする。

説教は俺の状況を危ぶんだ担任の心配からくるものということにさっき気が付いた。
それに気付いた瞬間(帰宅中)に沈鬱な気持ちは霧散した。
発破をかけてくるくらいである。
あの担任は自分みたいなクズにも本当に真面目かつ真摯で、それを考えると胸が熱くなった。
関連記事
企業提出の書類の中に「自己紹介文(形式は自由)」なるものが。
うーむむむむ・・・こいつは弱ったどうしよう。
下手なこと書いて印象悪くできない&ある程度は自分の紹介になる文章とな?
えー、難易度高くないっすか・・・?
とりあえず自己紹介になりそうなものを検討、吟味する必要がありそうです。

趣味×・・・(紹介にもってこいだが履歴書に記入欄あり。よって書くべきとは言えない)
性格△・・・(書く必要はありそうだが、どの程度の内容にするかの匙加減が課題)
出自△・・・(生まれ育ち程度は面接で毎回聞かれたのでそこだけは抑えた方がよさそう)
自己PR××・・・(履歴書に記入欄有り、書くのは愚の骨頂に思える)

んがー難しい。


最近の楽しみはWSのデッキをいじることだったりするんですが、いかんせん素人から抜け出せない。
余り物のカードではデッキって作れないものだと痛感しました。デッキの体を成さない希ガス。
お花畑入れてデッキ組んでみたいなぁ。


比較的順調なMH3G。上手くいけば村上位もそろそろです。
しかしつくづく痛感するのがソロに慣れてないこと。立ち回りが雑&下手過ぎる。
こんなんじゃベリオ亜種とかドボル亜種あたりに大苦戦必至なんですが。
尻尾切れなくて弱ってます。誰かヘビィで尻尾切る方法教えてー。


関連記事
MH3G絶賛2週目ー。
え、P2G?…いやあ、一通り旧モンスとやったら満足してもうた。
ミラ系なんて1人で何体もやったし飽きない方が変。

3rdのときと同様に2週目は女、ヘビィ縛りでーす。
やっぱ華奢(?)な女の子が重火器担ぐのは萌える。需要多いっしょ?
大剣ガンススラアクは何か駄目。あんな重そうなもん担げてたまるかよ。
俺の許容範囲はヘビィまでだ。


取り敢えずブナハ一式に適当な武器で村と港を往復中。
アロイ?いずれ使うけどやっぱ序盤くらい見た目重視でやりたいでしょー
テーブル確認はするべきだったと強く後悔しています。
ブナハ作るのめちゃくちゃ面倒だったからやり直す気になれんのよ。
暴れ撃ちのおかげで基本的に狩猟は楽です。村なら0分も容易。
これから課題になってくるのは尻尾素材の不足と水中戦。
バグは使わないつもりですので水中戦は厳しくなると思います。水中嫌いだし。


ミルキィホームズなんですが、気になって仕方ない疑問がひとつ。

1期最後の3ヶ月後の退学の件、2期でどうなってたの?

一回も触れてないんです。怪し過ぎる。普通に考えたら1期と2期の間に何かあったと考えざるを得ないんです。
それならミルキィ達の意識の零落にも説明がつけれそうなんですよね。
それこそ森アーティが何かやった位の。
基本的に自分は別にそんなこと気にせずに見てたんですが、2期1話デリアさんの夢が歌手だったことだけはどうしても許容出来ませんでした。
関連記事
テスト期間はブログが嵌る。勉強したくないせいです、はい。
勉強のことは考えない!考えない~考えない~(考えない~)考えない~(ないない~)考えない~(ないない~)
かえって勉強のことを考えてしまいそうになりますね。
駄目だ~・・・就職のことを考えるとどうにも。
選り好み出来る身分ではないのは重々承知なんですけど、自分のしたいことメインで考えないと話にならないです。
機械扱うことメインで紹介してる会社に1μも興味が湧かない。というか探す意欲を殺がれる・・・。

・・・なんか本格的に苛々してきた。就職活動中なのになにが悲しくてテストなんてせにゃならんのだ!
そもそも5年のテストなんて後期から限定とかでやらしゃあいいんだよ、前期は忙しいんだから。
進学組は就職以上にストレスがたまると思います。大変ですね。

あー・・・調べる企業調べる企業ブラックの羅列でマジだるい。
別に詳細が書かれてる訳でもなく、ただ単純に名前が載ってるだけ・・・ああ鬱だ。

テスト勉強しないと・・・いやいや、企業探さないと・・・むぐぐぐぐぐ・・・

    cワ-─┐__ 
   /::/´,√c゙く~'フ2)_  
  (;;;レο勺 │ヽ `⌒) 
  〈 ,入__, く_)※) (´  
  ノ厂 、  し(※(※)'^′     
 (_ ̄_て※)米ろ

関連記事
会場到着したのがAM8:30頃。
もうすでに到着している人間がちらほら見受けられました。
「いかにも」な見た目の人がいたのです。

会場内には沢山の人、人、人。
まず気になったのが臭気。ぶっちゃけ臭い。マジで臭い。
実は本日体調があまり良くなかったのですが、これがジャストミート。かなり辛かったです。
次に気になったのが周囲の服装。
キャラプリTシャツやコスプレもどきなんかは着てる本人が狙っているのでむしろGJな印象でしたが、普通の格好と言うかオタク的服装の量が半端じゃない。
皆同じファッションで(チェックの上着、その下のTシャツ、ジーンズ、無頓着な髪型)ある意味神掛かってました。
次に驚いたのが一人一人のストレージの量。大小合わせて5,6個持ってくる人が結構見受けられました。
ミルキィのストレージを持っている人がかなり多く、とても悔しかったです。
というか1弾ネロのスリーブ使ってる人がいたのですが・・・ちくしょう。

とりあえず受付開始を始めると入場賞とでもいいましょうか、というものを貰いました。
IMG_1972.jpg
IMG_2006.jpg

その後、試合開始まではとんとんと進み、対戦の準備も整ったところでゲストの入場と相成りました。



うおぉぉぉぉぉぉ!生みころんキタァァァァァ!!!!



と、勿論心の中で大興奮しながら眺めていました。
金沢に来るのは初めてだったこと、来るのを楽しみにしていたということ、(特にどうとかいうことは話していなかったので、まあ地元勢への配慮でしょう)VSとWSで参加するという旨の挨拶をされていました。
てーか5mもしない距離に居て、話をしているのを見れたというだけで参加して良かったと感無量な状態になりました。武道館でもこんなのは無理なんだぜ?
後のゲスト2人?知らん。
北陸の人、手揚げてーって言われて揚げてみると全然石川出身がいません。全体の1/5も居なかった気がします。
県外大杉ワロタな状況だったのですが、それほど大きな大会だったのかとも思います。(まあ全国決勝予選ではありましたし)
そんな大きな大会が開催される&北陸でらしんばんがある唯一の県ということも考えると、石川って結構優秀なのかもしれません。

そして、この時点で大会なんてどうでもよくなった(元々参加するつもりもなかった上、適当に折を見て帰る予定だった)のですが、とりあえず生みころんの試合開始のコールでBCF2012開始となりました。


初戦はコミュ障で、エヴァデッキでした。負けました。1ターンで一気に9点食らったら負けるわ・・・。
試合後にプレイングを駄目出しされました。まあ参考にします。
2戦目は気のいい、お兄さんとおっちゃんの境目くらいの人と試合でした。マクロスデッキでした。
3点取れば勝てる状況のダイレクトでトリガーにソウル+2を出してしまい、3点までは通っていたところ4点目でダメージをキャンセル、その後のこちらの2度目のリフレッシュ処理で丁度レベル4となり負けました。
どちらの試合でもレベル0を全く引けなかった序盤に敗因があったかと思います。(どちらの試合もやむなく慌てるコーデリアを前列において訝しまれましたw)
しかし、1試合目はともかく2試合目はかなりダメージキャンセルも出来ていたのでプレイングのミスも多分にあったんだろうと思っています。
2試合負けた時点で終了ということで参加賞貰って自分のネオスタンの大会は終了しました。

大会で確認したみころんは、D.CⅢのデッキを使用していました。
フリーファイトまで行ったら対戦するチャンスもあったんだろうなぁ・・・テストとかないわー。

ここで物販購入。
IMG_6329.jpg

IMG_6946.jpg
IMG_7888.jpg


意気揚々と学校に向かったわけです。

写真を見てもらうとわかると思うのですが、1枚当たり625円する特製カードには特殊な加工がしてあります。
なんとなく豪華です。実際値段は豪快ですし。
裏の書き下ろしっぽいたにはら絵が良いです。やっぱ探偵学院の制服は秀逸です。
実写スリーブに関しては言うことはありません。非常に満足です。
関連記事
BCF2012の会場に現在来ております…!
むせ返るオタク臭!
恐るべきメガネ率!
殺気立ちながら練習試合をしている面々!

やべえ、やべえよ…場違いってレベルじゃなかった…
つーか1人当たり抱えてるストレージの量が半端ない。
物販開始したら体調不良を理由にこの場から脱出しよう…
関連記事
人と違う俺かっこいい
少数派の俺って他とは違う特別な存在

男性ならこう考える機会に出会うことはよくあると思います。男は趣味に生きてますから。
趣味趣向というのは千差万別、程度にも大小ありますので広い意味で捉えればぶっちゃけどんな人でも個性的ですし特別な存在だと思います。
という前置きはおいといて。

少数派か多数派という話をしましょう。
例えば私自身、マイノリティを感じる機会は多分にあります。

ミルキィ2幕BD購入
武士道の豚

こんな感じで。最近はマイノリティを感じやすいです。
世の中を見れば自分は少数派に属してます。というかミルキアンの中ですら多分少数派でしょう。
現在ミルキアンがどれ程いるのかは不明ですが、それでも武道館には順当に客が入ったのに2幕BD購入者は3巻の時点で1370人位でしたから。
私がこの数字をみて感じるのは悲しさだけです。武道館に出向いた多数の人間はBD買ってないんですから。
てーかアルバムすら買ってない人間の方が多いってどういう事だよ…(BLOOOOMは1400枚ほど)
ネロが天使に見える事にはマイノリティは感じません。当然でしょう?

話題がそれてました、閑話休題。
マイノリティを感じることは当人の勝手なんですが、それがよからぬ方向に向かうこともよくあるかと思います。
冒頭のは誰でも1度は発症しうることもあるものなので特に問題ありません。
しかし、多数派を批判し出すと途端に具合が悪くなります。
別に少数派がいけないのではありません。むしろ他とは違う着眼点や立場を持つことは大いに人生を豊かにするでしょう。
ですがいくら自分が少数派だからと言って、抑圧されていると思いこみ多数派を批判すると日本では悪い目に会います。
これに反応して多勢に無勢で徹底的に少数派を叩く多数派が存在するからです。
大勢とは大衆心理が手伝って尋常ならざる力を発揮します。理不尽不条理なんでもありなのです。
大勢が「カラスは白い」といえばカラスは(その大勢の中では)白くなるのです。大勢はそう錯覚するのです。
古今東西でその手の話は枚挙に暇がありませんし、自分自身、最近それを痛感する場所に居合わせていました。
そして、日本は特にそのケが強い風土であると思えます。
なので、マイノリティを掲げて行動したい人はそのことを頭に叩き込む必要があります。
ノイジーマイノリティでは潰されます。しかしサイレントマイノリティーでは意味がありません。
結局必要不可欠なのは塩梅を考えて発言し地道にコツコツと周りを認めさせていくことで、それ以外に道もありません。
少数派はあくまで少数。多数派が有利なのは当然なのですから。
多数派が数の暴力で少数派を潰すことも決してしてはいけないことでしょう。
こちらも必要不可欠なのは塩梅を考えて発言して少数派を認めさせていくことで、それ以外に道はありません。
少数派よりも有利なのですから、なればこそそういう姿勢が必要でしょう。

なんか変な方向に進んだな話・・・。
関連記事
最近ベッドで眠っていません、HAINです。
原因は勉強ではなく、単に布団をかぶらず床に寝っ転がって携帯を触っている内に寝落ちしているという情けないものですが。
最近改名を考えています。ぶっちゃけいつまでも魔導師ハインの名前を借りているのも…という理由からです。
そもそもFF�やってたのだって4年も前なんですし。
まあまだ特にどうするということでもないんですが。

就職活動は順当に某飲料会社で落ちたのでまた新しいところを探しています。
失敗が続くと焦りも覚えてきます。ですがこれまで何度もヤバイ目にはあってきているのでまだまだこれからでしょう。
失敗しているのは運と努力とこなした数が足りてないだけですから。


最近好きな食べ物が変わりました。

くどくて脂っこい食べ物

から

さっぱりすっきりな食べ物

単純にカロリーが気になって好きだった食べ物でも油物は手を出さなくなっていった結果です。
勿論好きですが最盛期に比べて摂取量は格段に落ちた…かもしれません



関連記事
体が重い
いくら寝ても眠い
なんとなく気分が重い
転じて良くない気分に
頭が痛い
何をやるにしても気乗りしないし無気力
本当に何もしたくない

んーんーんー良くない良くない・・・


MHP2Gにお熱な今日この頃(まあ熱ってほどでもないかも)
バルカンと原種だとバルカンの方がやりやすかった不思議
要因を挙げてみる
バルカンの方が戦い慣れてる
飛ぶ頻度が少ない
頭をあまりふらふらさせない
バルカン出すために原種を討伐する必要があったんだけど失敗しすぎて鬱った
覇弓が強くて感動したミラ系の部位破壊滅茶苦茶簡単じゃないか
わざわざ宝玉使って作ったテオ=フランマルスが空気になってしまった


デリアさん届きましたこれで4人そろいました
揃ったのでテンション上がってたのにそんな日に限って親にねんどろについて言及される
理解する気もないのにその手の話題に触れてほしくないのである
理解する気もないのにあれは何とか質問をしてくるのである答える側の身にもなれと
理解する気が端から無いから平気で無神経な言葉を吐けるのである気分を害されるのである
理解を求めている訳ではないから極力避けている配慮に気がつけないのは人としていかがなのか
俺の大切なものに対して蔑視出来ればそれでよいというスタンスを隠すつもりもないなぞ許せるわけがない


俺の母は本当に人を不快にさせる天才だ


ここで疑問に思うことが出来た
家で溜まったストレスを俺はどこに発散してきたのだろう
やはり無意識のうちに周りを不快にさせていたのだろうあの母のように
そう思うととりあえず死にたくなる
自分のせいで人が不愉快になるなど不甲斐ない堪らない
関連記事