QUOD ERAT FACIENDUM

中学生〜社会人まで。なんの変哲もない凡オタクの雑記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分がミルキィに初めて触れたのは2011年の暮れでした。
触れる前のことは情報でしか知らないですし、イベントに行って現場の空気を知るようになったのは2013年からです。
そんな自分でも知りたての頃、現場に行くようになってから、そして現在と、それぞれの時期でコンテンツとしてアプローチの変化は感じていますので、その辺について感じていることを少しだけ書きたいと思います。
主観的な内容ばかりの話になってしまいますが、しょーもない戯言だと思って流して頂ければ幸いです。


まず細かくは省きますが、時系列的な流れとしてはこんな感じかなと。
2009~2012:ユニットと作品の両方を全力でプロデュース
2013~2015:ユニット主体になり、作品は添え物的な扱いへ(ゲーム展開はほぼ消滅、グッズ展開はライブ会場のみ、キャラにも中の人の色が出てくるようになる)
2016~:個人活動>ユニット活動の状態になり、コンテンツ規模が確実に縮小傾向

知ってからしばらくの間は特色強い作品に依りつつ、しかしそれに全く負けない濃さでユニット活動をしていた時期が確実にありました。
それがしばらくするとアニメや漫画、ゲームは影を潜めて濃さ全開のユニットが突っ走る状況になりました。
しかしそれもひと段落してしまい、ここ最近は思い出したようなタイミングでしか大きな動きが見られない状況になっているように感じています。

正直なところ、現状のミルキィホームズは既存のファンにもそこまで根強い明確な強みを持てず、新規で狙う客層も完全に迷子な状態という印象を受けています。
こき下ろした表現をすると、新人声優ユニット・アニメ・ギャルゲーの三段構えという初期構想にあっま明確な強みはとっくの昔に形骸化していて、かと言って声優個人の人気に乗っかる方向への転換も無くそのままコンテンツが瘦せ細ってる状態なのかなと。
現在展開している状況を挙げようとしても、ユニット活動(個人個人が多忙でなかなか機会を作れない)や月ブシ連載のおふしょっとやみるぽ(半休載状態)あたりしか出てこないですし、持ち曲の強力なアピールになる単独ライブにしても、新譜披露がメインだったブシロライブを除くと今年はついに年末一回だけで、あとはお茶濁しのようにフェス系ライブへの参加がぽつぽつあったくらいでした。
2016年まではひょんなきっかけがあればμ'sからオタクが流れてきて既存ファンが駆逐されるんじゃないかと話したりもしてましたけど、結局そんなゲルマン民族の大移動みたいな流れは来なかったですし、振り返ってみるとみるみるミルキィが終わって以降は純粋なコンテンツ力だけで新規ファンどうやって増やすんだ?って状態に陥っていたようにも感じます。

コンテンツのファンとしてはメンバー個人個人の人気や活動の幅はそれぞれ着実に伸びているのに、元々はその根幹だったはずのコンテンツの影が薄くなっているのはとても寂しいです。
このままだとまずいんじゃない?という危機感を半端なく感じつつ、けど魅力が沢山あるコンテンツだということは未だに間違いなく感じているからまだまだやれるとこを見せ付けて欲しくて、しかしどういうアプローチをすれば新規ファンが増えるんだろう、なんてしなくてもいい心配をする日々を送っています。

ここまで書いた一切合切が全部情弱オタクの壮大な思い違いで、自分の知らないうちに実はファンがめちゃくちゃ増えてて、週末のライブも両国が埋まるくらい客がたっくさん!なんて状況に期待しつつ、週末のライブを楽しみにしているということで文章を締めさせて頂きます。
関連記事
スポンサーサイト
凄く落ち込んでたので試しに行動してみたら想定外なほど充実した日々を過ごせるようになり、新しく視界が広がったような感覚の中にいます。最近楽しいです。
関連記事

v

[]の続きを読む
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。